京都春秋

ホーム > 新着情報 > 大徳寺興臨院 特別公開

新着情報NEWS

大徳寺興臨院 特別公開

kohrinin_main_2

本日より、1週間ほど公開を止めていた大徳寺興臨院の特別公開が再開されました。

興臨院は大永年間(1521-1528)に能登(現在の石川県)の守護、畠山義総が創建しました。その法名を取って寺名を興臨院とします。畠山家の衰退と共に荒廃しましたが、天正9年(1581)に前田利家によって屋根の葺き替えが行われ、以後、畠山家に加え前田家の菩提寺ともなりました。
創建当時の姿が残る表門と本堂(唐門を含む)が共に重要文化財指定されています。
本堂は優美で安定感のある姿が静寂と落ち着きを感じさせ、また「昭和の小堀遠州」とも言われた作庭家、中根金作が復元した方丈庭園がゆったりとした時間を感じさせます。

詳細は当HP内の大徳寺興臨院ページでご確認ください。
http://kyotoshunju.com/?temple=daitokuji-kohrinin

関連情報

京都春秋事務局SECRETARIAT

〒604-0832
京都市中京区間之町通二条下ル鍵屋町482
TEL 075-231-7015 / FAX 075-231-6420
(受付時間 平日10:00~17:00)

  • 京都で特別な体験を 株式会社アイコム
  • 【京都非公開寺院】黄梅院挙式|京都誓いの婚礼
  • 数珠巡礼 オフィシャルサイト | 一念一玉の思いを込めて
  • 手づくり処いち川