京都春秋

ホーム > 新着情報 > 大徳寺総見院 特別公開

新着情報NEWS

大徳寺総見院 特別公開

木造織田信長公坐像

本日より大徳寺総見院の特別公開が始まりました。

総見院は臨済宗大徳寺派大本山、大徳寺の塔頭寺院で、信長の一周忌に当たる天正11年(1583)、その追善菩提のために豊臣秀吉が建立しました。
当時は広大な境内に豪壮な伽藍が立ち並んだといいますが、明治の廃仏毀釈によりその多くが失われました。
開祖は千利休参禅の師でもあった古渓宗陳(こけいそうちん)。
境内には秀吉がこよなく愛し、また日本最古の胡蝶侘助とされる、樹齢約400年の侘助椿があります。
本堂には秀吉が奉納した木造織田信長公坐像(重要文化財)が安置されていますが、その大きさは高さ三尺八寸(約115cm)の等身大で、慶派の仏師、康清によって作られました。
2体彫られたうちの1体は、葬儀の際に荼毘にふされますが、香木によって作られたその木像の薫りは洛中一帯に広がったと言われます。

詳しくは当HP内の大徳寺総見院ページでご確認ください。
http://kyotoshunju.com/?temple=daitokuji-sokenin

関連情報

  • 大徳寺総見院 春の特別公開

    昨年に引き続き、今春も大徳寺総見院が特別公開されます。 総見院は豊臣秀吉が、本能寺の変に倒れた織田信長の葬儀を執り行うために建立し... 続きを読む

  • 【告知 メディアの皆様へ】

    京都春秋事務局広報担当より、メディアの皆様にお知らせがございます。 公開以来、非常にたくさんのご取材をいただいた大徳寺聚光院ですが、公開も... 続きを読む

  • 聖護院門跡の様子

    聖護院門跡に咲く大山桜を観てきました。 ソメイヨシノが散った後に満開を迎えるこの桜も、今日の風で花びらが地面を染めていました。 ... 続きを読む

京都春秋事務局SECRETARIAT

〒604-0832
京都市中京区間之町通二条下ル鍵屋町482
TEL 075-231-7015 / FAX 075-231-6420
(受付時間 平日10:00~17:00)

  • 京都で特別な体験を 株式会社アイコム
  • 【京都非公開寺院】黄梅院挙式|京都誓いの婚礼
  • 数珠巡礼 オフィシャルサイト | 一念一玉の思いを込めて
  • 手づくり処いち川